小6女児2人、飛び降りか 卒業まで1週間“遺書”も 愛知

[ 2019年3月14日 05:30 ]

敷地内で飛び降り自殺をしたとみられる女児2人が見つかったマンション
Photo By 共同

 12日午後7時ごろ、愛知県豊田市のマンションの敷地内で「女の子2人が血を流して倒れている」と119番があった。2人は市内の同じ小学校に通う6年生=ともに(12)。搬送先の病院で死亡が確認された。豊田署は飛び降り自殺とみて調べている。2人は20日に卒業式を控えていた。

 マンションには、いじめを示唆する内容の遺書のような文書が残されていた。1人が書いた文書に、友人とけんかをしたことをほのめかし、相手として2人のイニシャルが書かれていたことが判明。文書は小学校の校長宛ての手紙で、女児が2人とけんかをしたことをきっかけに「ばか」「あほ」などと暴言を吐かれるようになったことを示唆する内容だった。3人はその後に仲直りをしたが関係性に変化が生じたとし、校長に「これはいじめですか」と問い掛ける記述もあったという。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年3月14日のニュース