「アポ電」強殺、3人逮捕 渋谷の事件も同一グループか

[ 2019年3月14日 05:30 ]

高齢女性が手足を縛られ死亡しているのが見つかった現場のマンション
Photo By 共同

 東京都江東区のマンションで加藤邦子さん(80)が殺害された事件で、警視庁深川署捜査本部は13日、強盗殺人と住居侵入の疑いで川崎市川崎区の土木作業員小松園竜飛容疑者(27)と、いずれも長野県出身で住所不定の無職須江拓貴容疑者(22)、酒井佑太容疑者(22)の男3人を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀して2月28日午前11時~午後2時ごろ、江東区東陽のマンション一室に押し入り、加藤さんの両手足を緊縛。顔面付近に粘着テープを巻き付け圧迫して窒息死させ、室内のインターホン1台を強奪した疑い。いずれも容疑を否認している。

 加藤さん宅には事件前に現金の保管状況を尋ねる「アポ電(アポイントメント電話)」があった。3人は実行役とみられ、捜査本部は指示役など他にも組織的に関わった人物がいる可能性があるとみて調べている。

 渋谷区でも1、2月、アポ電の後に3人組が高齢夫婦宅に押し入る緊縛強盗事件が連続で発生した。捜査関係者によると、3事件のいずれも70~90代の高齢者世帯。事件前に固定電話にアポ電があり、覆面や目出し帽で顔を隠した男とみられる3人組が住人の手足を縛った。室内のインターホンや電話を壊した点も一致。手口が酷似しており、捜査本部は同一グループによる犯行の可能性があるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、防犯カメラ画像などで現場から逃走した所沢ナンバーの軽乗用車の走行経路を追跡。捜査を進め、3人とも神奈川県内で確保した。

 ▽アポ電(アポイントメント電話)振り込め詐欺グループなどが被害者の情報を調べる目的で事前にかける電話。親族らを装い、家族構成や資産状況、現金の有無などを聞き出す。果物を送ることを口実にしたり、報道機関の世論調査を装ったりすることもある。警視庁が確認した資産などを尋ねる不審な電話は、2017年は2万5911件で、18年は3万4658件と急増している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年3月14日のニュース