歴代天皇に報告 代替わり行事開始 陛下「期日奉告の儀」

[ 2019年3月13日 05:30 ]

 天皇陛下は12日、皇居・宮中三殿で、4月30日に自らが退位することを歴代天皇などに報告する「期日奉告の儀」に臨まれた。陛下の退位に伴う儀式は、12日の行事を含めて11ある。代替わりに伴う一連の行事が本格的に始まった。

 陛下は、重要儀式で天皇のみが着用できる古式装束「黄櫨染袍(こうろぜんのほう)」をまとい、皇祖神とされる「天照大神(あまてらすおおみかみ)」を祭る「賢所(かしこどころ)」の前で一礼した。賢所の中では「御告文(おつげぶみ)」を読み、退位することを報告。陛下の儀式が全て終わると、皇太子さまも拝礼、その後、秋篠宮ご夫妻や他の皇族、宮内庁幹部が順に参拝した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年3月13日のニュース