北海道厚真町で震度6弱 昨年9月震度7、一連の活動か

[ 2019年2月22日 05:30 ]

 北海道の厚真町で21日午後9時22分ごろ、震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは約30キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・7と推定される。この地震による津波の心配はない。安平町とむかわ町で震度5強を観測した。菅義偉官房長官は記者会見し「現時点では大きな被害の情報は入っていない」と述べた。

 北海道では昨年9月にも、厚真町で震度7を観測する地震があり、総務省消防庁によると、42人が死亡、約760人が重軽傷を負った。

 政府は、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。

 北海道電力によると、北海道泊村の泊原発に異常は確認されていない。停電の情報は入っていない。JR北海道によると、北海道新幹線は地震の影響で一時運転を停止。道内の在来線は、千歳線や石勝線などで運転を見合わせた。消防庁は、全国瞬時警報システム(Jアラート)で予想最大震度5弱の緊急地震速報を出した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「大坂なおみ」特集記事

2019年2月22日のニュース