菜七子頑張れ開運セール コパショップにファン“願掛け”来店

[ 2019年2月17日 05:30 ]

コパショップ銀座店の応援セール対象商品を選ぶ女性客(撮影:安田 健二)
Photo By スポニチ

 競馬のG1「フェブラリーS」(17日)に臨む藤田菜七子騎手(21)とその騎乗馬コパノキッキングを応援するセールが、Dr.コパこと小林祥晃氏(71)の風水グッズ店「コパショップ」で行われている。枠順確定から一夜明けた16日、銀座本店では、同馬が入った7枠と同じオレンジ色のハンカチタオル(756円)やネクタイ(1万800円)など7アイテムが陳列された特別コーナーを設置。来店客が興味深そうに立ち寄り、販売価格の半額で売り出されていることを聞いて驚いていた。

 同店は場外馬券売り場のウインズ銀座とウインズ汐留が1キロ以内にある。担当者によると、この日は、普段見かけない競馬ファンが多く来店。中には「がんばれ」と印字されたキッキングの応援馬券を持って「明日は競馬場に行けない分、勝ち運を上げに来た」と話す人も。コパ氏所有馬の勝負服を自作し、着用して来店したファンもいたという。店内にはコパ氏が神職を務める三宅宮神社の遥拝(ようはい)所があり、勝利を願い参拝する人の姿も目立った。常連の女性客は「コパ先生の所有馬が大きいレースで優勝するとセールがある。また楽しみにしています」と実益も兼ねて勝利を願った。

 同店は「オレンジ色は風水的に“夢をかなえる”という意味がある」と強調。「菜七子騎手の“七”だし、2014年にコパノリッキーがフェブラリーSを優勝した時も7枠だった。スタッフ一同、キッキング、菜七子騎手、先生を応援しています」とエール。コパ氏やファンの思いを乗せ、キッキングと菜七子が夢舞台に立つ。セールは17日まで行われる。

 《CM業界も熱視線》菜七子には、CM業界も熱視線を送っている。男性社会の騎手の世界で奮闘し、女性騎手最高の通算50勝に達する活躍と勝利インタビューなどで見せる爽やかな笑顔が印象的で好感度も高い。フェブラリーSで女性騎手初、しかもG1初騎乗での制覇となれば、さらに注目度がアップするのは必至。広告代理店関係者は「知名度もさらに上がるだろうし、ギャラ1000万円超えもあり得る」としている。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年2月17日のニュース