茨城・女子大生遺棄の容疑者、殺人で再逮捕「口ふさいだ」

[ 2019年2月11日 05:30 ]

 東京都葛飾区の女子大学生の遺体が茨城県神栖市で見つかった事件で、警視庁捜査1課は10日、殺人の疑いで神栖市の無職広瀬晃一容疑者(35)を再逮捕した。容疑を認め「車内で助手席に座った女子大学生の口をふさいだ」と供述している。

 捜査1課によると、広瀬容疑者は「“何をするんだ”と声を上げられたが、やった」と説明。動機については「黙秘する」としている。

 再逮捕容疑は昨年11月20日ごろ、神栖市須田の農道に止めた車内で口や鼻をふさぐなどして日本薬科大1年の菊池捺未さん=当時(18)=を窒息死させた疑い。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年2月11日のニュース