「両国 プラレール駅」から出発進行! 発売60周年記念 4月7日まで運行

[ 2019年2月9日 05:30 ]

タカラトミーから8日、JR両国駅に贈呈されたジオラマ「両国 プラレール駅」
Photo By スポニチ

 鉄道玩具「プラレール」の発売60周年を記念し、プラレールの大型ジオラマなどを展示する「両国 プラレール駅」が東京都墨田区のJR両国駅前に完成し8日、報道陣に公開された。きょう9日から4月7日まで営業する。販売元のタカラトミーとJR東日本が協力。幅約4.5メートル、奥行き約1.8メートルのジオラマには駅や踏切、鉄橋が配置され、おなじみの青いレールを色とりどりの列車が快走する。会場全体で約500車両が走行、または展示されている。

 この日は開業を記念し、普段は使われない“幻の3番ホーム”に、房総特急E257系車両が特別入線した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年2月9日のニュース