米西海岸のシアトルで珍百景 めったに見られない銀世界 郊外では積雪20センチ以上

[ 2019年2月5日 17:24 ]

 前週は米中西部を大寒波が襲ったが、今度は寒さとは無縁だったはずの西海岸が冷え込んだ。

 大リーグのマリナーズやNFLのシーホークスなどが本拠を置いているワシントン州シアトルでは雪景色。4日になって北部や東部では20〜25センチの積雪となり、シアトル・タコマ空港では200便以上の発着便がキャンセルとなった。

 フェリーは欠航し、学校も臨時休校。子どもたちは道路にソリを持ち出して束の間の銀世界を楽しんでいた。

 ワシントン州だけでなくカリフォルニア州の山岳部やモンタナ州でも大雪。すぐに気温は上昇するため、当局では住民に対して雪崩や土砂崩れを警戒するように呼び掛けている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年2月5日のニュース