日本が3回「威嚇飛行」、韓国国防省発表「明白な挑発」

[ 2019年1月24日 05:30 ]

 韓国国防省は23日、日本の哨戒機などが今年に入って3回、韓国軍艦艇に低高度で接近する「威嚇飛行」をしたと発表した。

 韓国軍の艦艇だと識別しながら行った「明白な挑発行為」だとし日本を非難した。これに対し岩屋毅防衛相は「適切な運用を行っていた」と反論。韓国駆逐艦による火器管制レーダー照射問題で、防衛省は21日に韓国との実務者協議を打ち切る考えを表明したが、これに韓国は反発。日韓防衛当局間の対立が一層深刻化する可能性が出てきた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年1月24日のニュース