魅力向上に取り組むはずの茨城県営業戦略部長 SNSに投稿「水戸はダメだな」

[ 2019年1月12日 05:30 ]

(茨城県営業戦略部長/「水戸はダメ」//) 茨城県は11日、県の魅力向上に取り組む県営業戦略部の堀江英夫部長が自身のフェイスブックに「水戸はダメだな。死ね!」と書き込んでいたとして、同部長を厳重注意処分とした。

 部長は共同通信の取材に対し、「酒を飲んで記憶がなく、なぜ書き込んだのか分からない。いくら酔っぱらっていたとはいえ、絶対にやってはいけないことで、反省している」と謝罪した。

 部長によると、5日午後から東京都内で友人と酒を飲み、同日夜に水戸市内に戻ったころに書き込んだとみられる。投稿から約2時間後に削除したという。友人限定の公開設定で約700人超が閲覧可能な状態だった。

続きを表示

「第97回全国高校サッカー選手権大会(2018-19年)」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年1月12日のニュース