五輪ようかんなど販売へ 菓子の公式商品は初

[ 2019年1月10日 19:27 ]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、公式ライセンス商品として新たに菓子の販売を15日に開始すると発表した。和菓子の老舗「虎屋」が製造するようかんと、洋菓子の「コロンバン」が新たにつくる米粉クッキーの2種類で、東京都内などの、それぞれの店舗で購入できる。

 パッケージにはようかんが大会エンブレム、クッキーは大会マスコットをあしらった。組織委は「日本ならではのお土産として、国内外の方にご賞味いただきたい」としている。

続きを表示

「第97回全国高校サッカー選手権大会(2018-19年)」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年1月10日のニュース