ZOZO前澤社長リツイート“日本新”300万件!プロフも大胆変更「剛力彩芽さんが彼女です」

[ 2019年1月7日 05:30 ]

100万円を100名にプレゼントすることを告知した前澤社長のツイート(前澤友作社長のツイッターから)
Photo By スポニチ

 衣料品ネット通販ZOZOの前澤友作社長(43)が6日、ツイッターで世間の度肝を抜いた。100人に各100万円、計1億円をプレゼントするという企画が記録的なリツイートを集め、日本最多を大幅に更新。交際中の女優・剛力彩芽(26)の名前を、自身のプロフィル欄に書き加えるという大胆な行動にも出た。

 前澤氏は5日深夜にツイッターで「ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!」と報告。「感謝を込め、僕個人から100名様に100万円『総額1億円のお年玉』を現金でプレゼントします」とぶち上げた。

 応募方法は前澤氏のアカウントをフォローし、メッセージをリツイートするだけ。7日に締め切り、当選者に本人から直接メッセージが届くというもの。前澤氏らしい大盤振る舞いに、フォローとリツイートが殺到した。

 これまでリツイート数の日本記録とされたのは17年8月、あるユーチューバーがゲーム機「プレイステーション4」30台をプレゼントするという企画で集めた54万件。これをあっさりと抜き去り、7日に日付が変わる直前には300万件に到達した。

 リツイート数の世界記録は、17年に米国のある少年が集めた355万件とされる。ファストフード「ウェンディーズ」に「1年間ナゲット無料に必要なリツイート数は?」と尋ね、同社が「1800万件」と返信。「助けて」という少年の書き込みに、大企業や芸能人が一斉に協力したもの。この数字にも、わずか1日で肉薄した。

 前澤氏は次々に届く「○○に使いたい」との書き込みに「みんなが欲しいのはお金じゃなくて夢なんだな」とつづり「RT数が日本記録更新とのこと。うん、夢がある。ありがとう」と感謝した。リツイートを自動化するサイトや便乗した偽者も現れるなど、ネット上は大騒ぎとなった。

 さらにあるフォロワーから「(プロフィル欄に)“剛力さんが彼女です”もいるんじゃない?」と指摘されると「入れます!」と即答。「月に行く予定の人で、ZOZOの社長で、剛力彩芽さんが彼女です」と変更した。月旅行計画をはじめ、いま最も目が離せない人物。7日までにリツイート数の世界記録が射程圏内に入ってきた。

 《4日ミヤネ屋で持論展開「付き合う=結婚同然」 息子3人の存在も告白》前澤社長は4日の「新春ミヤネ屋SP」に出演。自身の結婚観について語った。

 結婚自体はただ紙を出す作業だと前置きした上で「付き合うイコール結婚同然」と持論を展開。さらに「実の息子が3人いて(子供の)お母さんは2人」と明かし「月に1回くらい遊ぶ機会をつくっている」と話した。剛力も理解を示し「ほったらかしている方が嫌だと言われ、子供と会うときは快く送り出してくれている」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「第97回全国高校サッカー選手権大会(2018-19年)」特集記事

「日本代表」特集記事

2019年1月7日のニュース