米教育番組「セサミストリート」にホームレス少女キャラ

[ 2018年12月16日 05:30 ]

 米国の幼児向け教育番組「セサミストリート」を制作する非営利団体「セサミ・ワークショップ」は14日までに、ホームレス家庭の7歳の少女のキャラクター「リリー」を番組に登場させると発表した。同団体は、米国で増えているホームレスの子供たちに救いと希望を与えたいとしている。

 声明によると、米国のホームレスの子供たちは250万人以上。リリーは2011年、貧困に苦しむ家庭の少女として登場したが、今回は住む家まで失ったという設定だ。同団体は「残念ながら、リリーがたどった道は多くのホームレスの子供たちによく起こっている」と指摘した。

続きを表示

「第97回全国高校サッカー選手権大会(2018-19年)」特集記事

「日本代表」特集記事

2018年12月16日のニュース