解体中橋桁に衝突、ダンプが下敷きに 運転手の男性死亡

[ 2018年12月16日 05:30 ]

 埼玉、群馬両県境の利根川に架かる解体中の旧上武大橋に15日、ダンプカーが衝突、橋桁の一部が落下し、ダンプカーが下敷きになった。埼玉県警深谷署によると、男性運転手が閉じ込められ、消防などが約9時間後に救出したが、現場で死亡が確認された。他に巻き込まれた人はいなかった。

 署によると、現場は群馬県伊勢崎市と結ぶ旧上武大橋の埼玉県深谷市側で、落下した橋桁は長さ約50メートル、重さ約52トン。ダンプカーは解体工事のため土砂の運搬作業をしていた。午前10時35分ごろ橋の下を通過する際、荷台を上げた状態だったため衝突したとみて調べている。

続きを表示

「第97回全国高校サッカー選手権大会(2018-19年)」特集記事

「日本代表」特集記事

2018年12月16日のニュース