本庶氏 ノーベル賞授賞式出席へ現地入り、歓迎に笑顔

[ 2018年12月7日 05:30 ]

ノーベル博物館に到着した本庶佑・京都大特別教授(中央)=6日、ストックホルム(共同)
Photo By 共同

 ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑・京都大特別教授が5日、授賞式が開かれるスウェーデンのストックホルムに到着した。

 車から降りた本庶さんはホテル前にずらりと並んだカメラの列に苦笑しながら、少し戸惑った様子で立ち止まりフラッシュを浴びた。妻の滋子さんは、報道陣からの「おめでとうございます」の呼び掛けに会釈してホテルに入った。

 本庶さんは7日午後には受賞記念講演を行うなどさまざまなイベントに参加予定。入念に準備したという講演のタイトルは「獲得免疫の驚くべき幸運」。研究のきっかけとなったタンパク質の発見や、その働きを解明した経緯などを語る。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月7日のニュース