自民・山本一太氏、群馬知事選出馬へ「県のために働けるよう頑張りたい」

[ 2018年12月6日 05:30 ]

自民党の山本一太参院政審会長
Photo By 共同

 自民党の山本一太参院政審会長(60)は5日、来夏に実施予定の群馬県知事選に立候補する意向を表明した。「(知事選までに)全力で態勢を整え、県のために働けるよう頑張りたい」などと都内で記者団に語った。

 現在3期目の大沢正明知事(72)は同日、山本氏の出馬表明を踏まえ、来年度予算編成後の来年2月に自身の進退を判断する意向を県庁で記者団に示した。大沢氏は前回知事選で自民、公明両党の推薦で当選。同知事選に出馬を表明したのは山本氏が初めて。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月6日のニュース