PR:

青森4人死亡事故 飲酒暴走男を逮捕 被害者の濡れぎぬ“晴れた” 制限速度50キロ超過

乗用車4台による事故があった現場
Photo By 共同

 青森県つがる市の国道101号で9月に起きた、乗用車4台が絡む4人死亡事故で、飲酒運転の車が制限速度を数十キロ超過する猛スピードで先行車に追突した疑いが強まり、県警は22日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで、つがる市、団体職員高杉祐弥容疑者(32)を逮捕した。高杉容疑者の車に同乗していた同市、無職野呂祐太朗容疑者(33)も道交法違反(同乗)の疑いで逮捕した。

 高杉容疑者は容疑を否認、野呂容疑者は認めている。

 高杉容疑者の逮捕容疑は、9月22日午前1時10分ごろ、アルコールの影響で正常な運転ができない状態で運転し、4人を死亡、3人に重傷を負わせる事故を起こした疑い。野呂容疑者は、高杉容疑者が酒を飲んだと知りながら、車で送らせた疑い。容疑者の車は時速100キロを超えていたとの情報もある。

 事故は制限速度が時速50キロの片側1車線の直線道路で発生。高杉容疑者の車が後ろから突き飛ばした軽乗用車の広船淳さん(43)愛莉さん(30)夫婦=同県鰺ケ沢町=と、対向車線の軽乗用車の代行運転手山田春治さん(63)=五所川原市、客の山田久美子さん(46)=つがる市=が死亡した。山田さんの後ろについていた男性代行運転手も重傷を負った。高杉、野呂容疑者と同乗の友人2人も重傷で入院した。

 県警の調べで、高杉容疑者の車が追突したことをきっかけに事故が起きたことが判明したという。

 事故を巡り、当初はそれぞれの車線の先頭を走っていた2台を多重衝突の原因とする見方が強く、インターネット上では広船さん夫婦を「酒気帯び夫婦」などと中傷する書き込みが見られた。代行運転中の山田さんが飲酒していたとは考えにくく、臆測が広がったとみられる。

 県警によると、高杉容疑者以外の運転者から、アルコールは検出されていない。

[ 2018年10月23日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:11月21日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス