PR:

仙谷由人氏死去 72歳 旧民主党政権で官房長官「陰の首相」

記者会見する仙谷由人官房長官
Photo By 共同

 旧民主党政権で官房長官や行政刷新担当相などを歴任した元衆院議員の仙谷由人(せんごく・よしと)氏が11日午後10時30分、肺がんのため都内の自宅で死去した。72歳。徳島県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男勇人(はやと)氏。

 関係者によると、最期は最愛の家族にみとられた。9月21日に行われたTBS「時事放談」(同23日放送)の収録では元気そうな姿を見せていた。

 敏腕弁護士として注目され、90年の衆院選で旧社会党から初当選。93年に落選したが、96年は旧民主党から立候補し返り咲いた。09年に民主党の鳩山由紀夫内閣の行政刷新担当相に就任。10年6月発足の菅直人内閣では官房長官を務めた。「陰の首相」と呼ばれ、外交、内政の政策調整を一手に担った。旧民主党代表などを務めた自由党の小沢一郎共同代表とは、一貫して距離を取り続け「反小沢」の象徴として存在感を示した。

 知人によると、健康だった頃は一日2〜3箱を吸うほどのヘビースモーカー。02年に胃がんで胃の全摘手術を受けた。

 挑発的な答弁や失言による批判も絶えなかった。自衛隊を「暴力装置」と発言したほか、中国漁船衝突事件での政府対応の責任を問われ、10年11月に参院で問責決議が可決。中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突する映像を非公開にすることを決めたとされる仙谷氏を批判するように、一色正春元海上保安官が「sengoku38」のハンドルネームでユーチューブに映像を流出させた。

 11年1月の内閣改造で交代し党代表代行に。同年3月の東日本大震災を受け、政府内の被災地支援を取り仕切る官房副長官に起用された。12年の衆院選で落選し、14年に国政からの引退を表明。昨年の衆院選後は国民民主党の前原誠司元外相や立憲民主党の枝野幸男代表らがたもとを分かつ姿に「なんで人間同士の付き合いができないのか」と心を痛めていたという。事務所関係者によると、最後は弁護士としての仕事を行っていた。

 《政界から悼む声》仙谷氏の死去を悼む声が政界で相次いだ。自民党の二階俊博幹事長は「党派は違っても、ずっとお付き合いをしてきたので大変残念に思っている」と語った。仙台市で記者団の取材に応じた。仙谷氏が官房長官として支えた立民の菅直人元首相は東京都内で「人を前に立てて支える実力者だった」と称えた。仙谷氏と同じ弁護士事務所に勤務経験がある社民党の福島瑞穂副党首は「親分肌でパワーがあり、同時に女性の活躍を応援してくれる優しい人だった」と振り返った。

 《面倒見のいい親分肌、元気の源は「肉」》面倒見のいい親分肌の政治家として、エネルギッシュに活動した仙谷氏。元気の源は「肉」だった。02年に胃の全摘出手術を受けるため入院する前日にも「もう肉は食べられないかもしれないから」とステーキを平らげた。しかし、手術後も肉を食べ続けていたという。

 スタッフ思いの一面もあった。関係者を自身の車に同乗させた際、同乗者が「運転手、ここに行ってくれ」と指示。これに仙谷氏は「この男は運転手という名じゃない。ちゃんと名前で呼んでくれ」と求めたという。

[ 2018年10月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:11月15日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス