【イマドキの仕事人】交通事故鑑定士 痕跡から声なき声法廷に

[ 2018年10月8日 05:30 ]

該当車のキズの位置などをメジャーを使い詳細に調べる中島さん
Photo By スポニチ

 防犯カメラやドライブレコーダーの普及で、交通事故の全容が明らかになるケースが増えている。そんな中にあっても、死亡事故発生現場に足を運び、事故を独自に検証し“真実”を明らかにする「交通事故鑑定士」がいる。不慮の事故で命を落とした被害者の、声なき声を法廷に届ける役割を担っていた。

 愛知県東部、住宅地を走る片側1車線の道路で、中島博史(52)は路面に目を光らせ事故の痕跡を探した。

 横断歩道を渡っていた40代男性が、30代の男性の運転する乗用車にひかれ死亡した事故の現場。路面にカラーテープを貼り車の進入角度などの目印をつけ、メジャーで測定。「う〜ん、やっぱりこれは違うなぁ」とつぶやいた。

 違和感を指摘したのは加害者から事故の状況を聴取し、警察が作成した実況見分調書の中身。そこには(1)歩行者は赤信号を渡っていた(2)運転者は避けようとS字にハンドルを切った(3)40キロの法定速度を守っていた――などと記されていた。「亡くなった人からの聴取は不可能。当然、運転手が自分の不利な証言をするわけがありません」。

 今回のケースでは、歩行者が倒れていたのはセンターラインの上で、しかも倒れていたのは衝突地点から20メートルも先など…さまざまな角度から事故を検証。導き出したのは「車は時速70キロ以下では走行しておらず、歩行者に真横から突っ込んだ。さらに信号無視したのは運転者の方」。調書とは全く逆の結論となった。

 調査は歩行者側遺族の弁護士から依頼を受けたもの。「弁護士が、法廷で自信を持って加害者の非を主張できる。交通鑑定士はいわゆるパラリーガル(弁護士業務の補助)的な要素があります」と話した。

 中島の実力を業界に示したのが、2016年1月に長野県で起きた軽井沢スキーバス転落事故だ。乗客乗員41人のうち、若者を中心に15人が死亡した痛ましい事故は記憶に新しい。当初から原因は運転手のスピードオーバーとされてきたが、時速何キロが出ていたのかで専門家の意見は分かれた。多くは70〜80キロと推測したが、事故2日後に現場に入った中島だけは「約100キロ」。後に県警は時速96キロだったことを発表した。

 根拠を尋ねると「道路から転落場所までは5メートルの段差があり、立木にぶつかり横転したのは飛び出し地点から30メートル離れている。そこから計算して…」。お手上げ状態の文系記者を横目に、ものすごい勢いでノートに数式を書き始めた。その確かな腕を見込まれ、調査を依頼されるのは「なぜか死亡事故ばかり」という。

 前職はシステムエンジニア。歩行中の母親が後ろから来た車に追突され、生涯車いすでの生活を強いられた。加害者の言い分だけで調書が作成される実態に憤り、損害賠償を求め提訴。車のスピードや向きなどを学問的な見地で独自分析し裁判官に「調書は計算上おかしい」と迫ったが、証拠として採用されなかった。悔しさだけが残った。

 世の中には自分と同じ思いをしている人は多いはずと、2007年1月に交通事故を専門に鑑定する「ラプター」(群馬)を設立。弁護士の口コミで評判が広がり、5年後には軌道に乗った。ただ仕事はほぼ1人でこなすため「1年間で引き受けられるのは10件程度」と頭をかく。

 鑑定結果は裁判官が事故の状況をイメージしやすいことを心掛け、納得してもらえることが重要と解く。中には証拠が少なく難しい調査もある。「その時は仮説をいくつも作って、理論的に合わないものをはじいていきます。力業ですね」。全ては弱者を助けたいという気持ちから。判決に納得できず、加害者が上告した時には悩むこともある。

 昨年の死亡交通事故は3694人。年々減り続けているが、ゼロにすることは難しい。突然の事故で、涙を流している人を救いたい。その思いを胸に、中島は今日も事故現場に立つ。=敬称略=

 ≪全国で20人程度≫中島によると、第一線で活躍している交通事故鑑定士は全国で20人程度。警察OBや保険会社の事故担当者が務めているケースが多いという。防犯カメラやドライブレコーダーの普及で、仕事が減るのかとの問いには「運転手の目線は分からないし、画像にも死角があったりする」と自信を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「紅白歌合戦」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月8日のニュース