PR:

森永チョコフレーク生産終了 スマホ普及“ながら食べ”増加で売上低迷

キャンディーズを起用した森永製菓「チョコフレーク」のポスター
Photo By 提供写真

 森永製菓は28日、同社のチョコレート菓子「チョコフレーク」の生産を終了すると発表した。商品を製造している千葉県野田市の子会社工場を2019年12月に閉鎖するためで、同社は19年4〜6月ごろに生産を終える予定としている。

 「チョコフレーク」は、コーンフレークにチョコをコーティングした菓子で、1967年から販売。甘くて軽い食感が人気を集めた。

 ただ、ここ数年は売り上げが落ち込んでいたという。同社は、背景に“ながら食べ”の増加があると分析。広報担当者は「中でもスマートフォンなどのタッチパネルに触りながら食べると、指に付着するチョコが邪魔になると敬遠されるようになったのかもしれません」と話した。

 森永は「チョコボール」のように、チョコが指に付きにくくする技術も持っているが「総合的な理由」から生産中止を判断。最近の健康ブームの高まりから、カカオ成分の多い苦めのチョコが好まれるなど、消費者の嗜好(しこう)の変化もあったようだ。

 広報担当者は「チョコフレークを支持してくださるお客さまも多いだけに、申し訳ない思い。もっと多くの皆さまに食べていただければ良かったのですが…」と残念そうに話した。

 なお、同じ野田工場で生産するスティック状のポテト菓子「ポテロング」は、栃木県小山市の工場に移管されるという。

 「チョコフレーク」は森永の他に、日清食品グループの日清シスコが1968年から製造。こちらもロングセラー商品として、愛されている。

 森永は、甲府市の子会社工場も2020年3月に閉鎖すると発表。この工場はソフトキャンディー「ハイチュウプレミアム」などを製造しているが、他の工場に移管するとしている。

 ≪「カール」東日本で販売終了≫近年では明治が昨年夏に東日本でスナック菓子「カール」の販売を終了。西日本では買えるものの、ショックが広がった。明治はチョコレートをシュー生地で包んだ「ポポロン」を15年、戦前から定番だった「サイコロキャラメル」を16年に生産を終えている。安価な駄菓子では、梅の花本舗の「元祖梅ジャム」が昨年末に販売終了。惜しむ声が相次いだ。

 ▼荻野目洋子(80年代にCMに出演)制服姿でCM撮影をしたことを覚えています。青春の思い出でした。大人になっても買っていたので、とても残念です。

[ 2018年9月29日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月22日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス