補給機「こうのとり」物資回収実験挑戦、7回連続打ち上げ成功

[ 2018年9月24日 05:30 ]

無人補給機「こうのとり」7号機を載せ、打ち上げられるH2Bロケット=23日午前2時52分、鹿児島県の種子島宇宙センター
Photo By 共同

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は23日、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」7号機を鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Bロケットで打ち上げた。予定の軌道に投入され、これでH2Bロケットの打ち上げは7回連続で成功となった。

 こうのとりは今回、ステーションからタンパク質の結晶などの試料を地球に届ける初の実験を行うため、小型回収カプセルを搭載。大気圏突入の熱や衝撃に耐え、中身を地上に無事届けることができれば、将来、人の輸送もできる技術に育つ可能性がある。

 27日にステーションに到着し、飛行士がロボットアームでつかんでステーションに取り付ける。物資を出した後は試料の入ったカプセルと不要品を積み、10〜11月に地球へ向け出発。不要品は大気圏突入後に燃え尽きるが、カプセルは突入前に分離して太平洋に着水。船で回収する。人間を宇宙へと運ぶ有人宇宙船の開発で米国、ロシア、中国に後れを取っている日本は、ステーションから物を持ち帰る手段を持っていない。今回、こうのとりが運ぶのは小型カプセルで「有人飛行」のイメージからはまだ遠い。それでもJAXA技術領域主幹の田辺宏太さんは「将来的には有人宇宙船にまでつながる技術」と成功に期待を込めた。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年9月24日のニュース