人生ゲーム、発売50周年で初の全国大会 日本一の強運は埼玉県の柴崎さん

[ 2018年9月22日 20:59 ]

「人生ゲーム」の発売50周年を記念して行われた大会で日本一になった柴崎和美さん(右から3人目)ら参加者
Photo By 共同

 日本一の強運は誰だ――。タカラトミーは22日、人気商品「人生ゲーム」の発売50周年を記念した大会を東京都内で開いた。審査や抽選などで全国から選ばれた115人が参加し、運と決断力を競い合った。

 大会を制したのは埼玉県草加市の柴崎和美さん(48)。「現実には、体験できないことが体験できるのが魅力。人生で今日が1番ラッキーかもしれない」と喜んだ。

 佐賀県唐津市から来たという野添征彦さん(50)は準決勝で敗退したが「小学生の頃からのファン。これからも面白く進化してほしい」と笑顔だった。

 人生ゲームは、1968年9月に登場。ルーレットで出た数だけコマを進め、就職や結婚など止まったマスの指示に従い、保険への加入といった選択もしながら、億万長者を目指す。今までに約60種、計1500万個以上が販売された。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年9月22日のニュース