PR:

交番警官刺殺事件 容疑者は仙台の21歳大学生 1人態勢見計らい襲撃か

巡査長の男性が刃物で刺され、搬送先で死亡する事件が発生した東仙台交番
Photo By 共同

 仙台市宮城野区の交番で清野裕彰巡査長(33)が刺殺され、別の警察官の発砲を受けて容疑者の男が死亡した事件で、宮城県警は19日、男は同区の大学生相沢悠太容疑者(21)と明らかにした。周辺などの捜査を進め、動機の解明を急ぐ。

 相沢容疑者が交番を訪問した当初は清野巡査長ら警察官2人が対応し、1人が別室に移動後に刺されたことも判明。県警は1人の態勢になったのを見計らった可能性があるとみて詳しい状況を調べている。県警は同日、清野巡査長を警部補に2階級特進させた。

 県警によると、相沢容疑者は19日午前4時ごろ、「現金を拾った」と現場の仙台東署東仙台交番を訪れた。拾得物の相談には通常、警察官が1人で当たるため、入り口付近の部屋で清野巡査長と一緒だった巡査部長(47)は隣室に移った。

 巡査部長は怒鳴り合う声や争うような声を聞いたため戻り、清野巡査長が血まみれで倒れているのを発見。刃物とモデルガンのようなものを手に向かってきた相沢容疑者に対し拳銃を3発発砲した。少なくとも1発が当たり、死亡した。

[ 2018年9月19日 17:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月20日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス