PR:

千歳・サケ水族館、被害も営業再開 稚魚4000匹が酸欠死

 北海道内の動物園や水族館では地震発生後に、展示している生き物の安全確保に追われた。北海道千歳市の「サケのふるさと 千歳水族館」では、飼育棟のヒメマスなどの稚魚約4000匹が酸欠で死んでしまった。サケは水温調整が難しいことなどから、新たな稚魚が確保できるかは未定としている。営業を再開した7日午後は通常の半分程度の入場だったが、翌8日はオープン前から行列ができた。道内では10日までに15以上の動物園や水族館で営業を再開した。

[ 2018年9月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月22日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス