PR:

「金を出せ」ではなく「髪を出せ」 インドで3人組がかつらと髪の毛を強奪

子供の髪の毛を剃るヒンズー教徒(AP)
Photo By AP

 インドのニューデリーにある「かつら」の工房を3人組の強盗が襲い、総重量200キロのかつらと、総額2万ドル(約224万円)相当の髪の毛を奪って逃走した。

 犯人の1人は銃で脅し、30分で犯行を終えると、そのまま逃走。地元紙によると強盗事件は7月27日に発生し、工房の経営者はかつらの材料となる盗まれた髪の毛の仕入れに1万7000ドル(約190万円)以上を費やしていた。

 AP通信によればインドの“髪の毛産業”は3億ドル(約336億円)以上の市場規模があり、髪の毛のほとんどはインド南部のヒンズー教寺院から集められる。ヒンズー教徒の多くが宗教的犠牲の意思を示すために剃髪を行うためで、それがこのビジネスを生み出している形。しかし昨年、北部では「髪の毛を切られた」と50人に女性が被害を訴えるなど、犯罪に巻き込まれるケースも目立ってきていた。

[ 2018年8月3日 12:58 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月19日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス