PR:

野村萬斎 東京五輪パラ開閉会式を演出統括「才能結集させる」

五輪・パラリンピックの開閉会式の演出企画チームのトップ「チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター」となった野村萬斎氏
Photo By スポニチ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、福島県楢葉町のJヴィレッジで理事会を開催し、五輪、パラリンピックの開閉会式の演出、企画を手掛けるチームを統括する「チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター」に狂言師の野村萬斎(52)の就任を決めた。五輪の責任者は映画監督の山崎貴氏(54)、パラリンピックの責任者はCMディレクターの佐々木宏氏(63)となった。

 日本の伝統芸能の第一人者が大役を担うことになった。世界中が注目する開閉会式の演出の統括役に萬斎を選んだ理由について、組織委員会の御手洗冨士夫名誉会長は「狂言師であり、映画や演出でも国内外で活躍されていて、幅広い見識を持っている」と説明。昨年から企画チームのリーダー役を務めてきたことも評価し「(会議で)4式典を貫くコンセプト作りに尽力いただいた。適任だと思う」と語った。

 五輪とパラリンピックの開閉会式は一連の4部作と捉え、起承転結のストーリーとなる。全体のコンセプトは「平和」「共生」「復興」「未来」「日本・東京」「アスリート」「参画」「ワクワク感・ドキドキ感」の8項目。その演出の基本プランなどをまとめるために、昨年12月に発足した8人の「4式典総合プランニングチーム」の中心となっていたのが萬斎だった。

 萬斎は「大変光栄であり、身の引き締まる思いです。才能を結集させ、機知に富んだ式典にするため尽力していく所存です」とコメントを発表した。

 また、萬斎の下で五輪をまとめるエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(ECD)には映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどで知られる山崎監督、パラリンピックのECDには、リオ五輪閉会式で引き継ぎセレモニーを手掛けた佐々木氏がそれぞれ就任。シンガー・ソングライターの椎名林檎(39)ら5人も引き続き演出、企画チームのメンバーとして協力する。今後は必要に応じて専門家が加わり、数百人規模のスタッフが携わっていく。

 ◆野村 萬斎(のむら・まんさい、本名武司=たけし)1966年(昭41)4月5日生まれ、東京都出身の52歳。狂言師、演出家。東京芸術大卒。3歳で初舞台を踏み、国内外で狂言の普及に貢献。初主演した映画「陰陽師」が大ヒットするなど、現代演劇や映画、テレビドラマなどでも幅広く活躍し、演出や構成も手掛ける。父は人間国宝で文化功労者の野村万作。

[ 2018年7月31日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月19日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス