黒田博樹氏 広島県へ義援金1000万円寄付「力になれれば」

[ 2018年7月13日 05:30 ]

西日本豪雨

 プロ野球広島などで活躍した黒田博樹氏(43)が12日、豪雨被害を受けた広島県へ義援金1000万円を寄付した。よしもとクリエイティブ・エージェンシーが同日発表。黒田氏は「西日本豪雨で亡くなった方々にお悔やみ申し上げる。被災した方々、救助活動をしている方々の力になれればと思う」とコメントしている。県は義援金配分委員会を通じて各市町村に割り振る。14年に同県で発生した大規模土砂災害では黒田氏は現地で支援活動にあたっていた。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年7月13日のニュース