PR:

米セントルイス郊外でランボルギーニが炎上 ガソリンスタンドで火だるま!

 米ミズーリ州セントルイス郊外のガソリン・スタンドでイタリア・ランボルギーニのウルカン・ペルフォルマンテが炎上。日本円で2500万〜3400万円もする青色のスーパーカーが黒焦げになるというハプニングがあった。

 現場でガソリンをミニバンに入れていたドライバーの不注意が原因。ガソリンが車のタンクに入り切れないうちに車を発進させたためにノズルが外れ、そこからガソリンが漏れた。

 その真横に停めてあったのが排気量5200CCのウルカン・ペルフォマンテ。霧状になったガソリンがV型10気筒のエンジン内に入り、瞬く間に火の手が広がった。

 この模様はたまたま居合わせた別のドライバーが録画。ソーシャルネットワークに投稿されると閲覧回数は150万回以上に達した。

 なお炎上した車のドライバーと、赤いボディーのウルカン・ペルフォルマンテを運転していたもう一人のドライバーは水の購入とガソリンの支払いのために店舗内にいたために無事。現場から離れたミニバンのドライバーはその後、警察当局に発見されて事情を聴かれている。

[ 2018年7月12日 13:36 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:11月20日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス