PR:

世界一醜い犬が死亡 栄冠?に輝いてから17日目

10日に死亡したジャジャ(AP)
Photo By AP

 6月23日にカリフォルニア州ペタルーマで開催された「第30回世界一醜い犬コンテスト」で優勝したイングリッシュ・ブルドックのメス、「ジャジャ(ZSA・ZSA)」が10日、ミネソタ州アノーカ在住の飼い主、ミーガン・ブレイナードさんの自宅で死んでいるのが発見された。9歳だった。発見したのはブレイナードさんの父親で朝、起きてみるとジャジャは息を引き取っていたという。

 ブレイナードさんはインターネットのペット専門サイトでジャジャを発見して購入。だらりと垂れ下がった長い舌が特徴で、いつもよだれを出しているところが“世界一醜い”という評価を受け、優勝賞金1500ドル(約16万8000円)を獲得した。

[ 2018年7月12日 12:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月22日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス