PR:

長男?ツイッターで「殺しに行くぞ」代理人の滝本弁護士、告訴

麻原元死刑囚四女 海に散骨の意向

松本智津夫元死刑囚の遺骨の取り扱いについて説明する滝本太郎弁護士
Photo By 共同

 滝本弁護士はツイッター上で殺害予告を受けたとして、10日夜に松本元死刑囚の長男に対する告訴状を神奈川県警に提出したことも明かした。

 問題視したのは、7日に投稿された「誰かと誰かは二世皇帝と趙高のような関係になったら、殺しに行くぞ。」という書き込み。趙高は中国の始皇帝に仕えた宦官(かんがん)で、始皇帝の遺言を改ざんして後継者を自分の手先にしたとされる人物。別の日には四女について「滝本の道具」と投稿しており、滝本氏は「四女と私の関係を二世皇帝と趙高にたとえた殺害予告。恐怖を感じている」と話した。

 滝本氏はフォローやリツイートなどの投稿内容から当該アカウントを長男のものと判断したという。県警は長男の書き込みかどうかを含め慎重に調べる。長男とともに行動しているとされる麗華さんはスポニチ本紙の取材に「(当該アカウントは)長男とは別人」と主張。長男について「“自分は静かに生きていきたい”と話しており、心を痛めている」とした。

[ 2018年7月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月19日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス