PR:

タイ洞窟から8人救出 残り5人 全員生還へ予断許さず

洞窟に閉じ込められた少年らのうち、5人目の救出者を乗せたとみられる車両
Photo By 共同

 タイ当局は8日、北部チェンライ県のタムルアン洞窟に取り残された地元サッカーチームの少年12人と男性コーチの計13人の救出作業に着手、軍事筋などによると同日に4人、9日に4人を洞窟の外に脱出させた。

 アヌポン内相によると、8日に救出された4人の健康状態は、いずれも良好という。救出に地元はひとまず安堵したが、依然として5人が洞窟の中に残されている。

 13人が洞窟に閉じ込められてから9日で17日目。洞窟からの脱出は潜水など危険が伴うため、全員の生還に向け緊迫した状況は変わらないが、着々と作業が進んでいる。ただ残された少年らの体調悪化も懸念される。

 タイのプラユット首相は9日、救出作業は「安全を最優先させている」と述べた。軍当局者は救出完了まで「4日かかることもあり得る」との見方を示した。

 当局者らによると、8日の救出作業にはタイ海軍特殊部隊や外国からの潜水士ら約90人が参加。全長約10キロの洞窟の中ほどに避難している少年ら1人につき2人の潜水士が付き添って救出した。健康状態の良い少年から優先的に脱出させたという。4人の救出後、洞窟内に空気ボンベを補充するため作業を中止し、9日に再開した。

 少年らは6月23日、サッカーの練習後に洞窟に入ったが、水位が上昇したため外に出られなくなったとみられている。大規模な捜索の結果、7月2日、洞窟内の水のない場所に避難しているところを潜水士らに発見された。

 少年らが来た道を引き返して脱出するには潜水しなければならない場所があるため、海軍などは、少年らに食料などを搬送して体力回復を促す一方、潜水技術を教えるなど準備を進めていた。洞窟内の水位も低下したため、当局は8日の救出作業開始に踏み切った。今後、予想される降雨で洞窟内の水位が再び上昇する前に脱出を開始したい思惑もあったとみられる。

 警察は8日、洞窟周辺から救助関係者以外は撤収するよう要請した。災害地域に指定されたのが理由といい、メディアも対象となった。

[ 2018年7月9日 22:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月23日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス