PR:

西日本豪雨 死者51人 心肺停止、安否不明多数 多くで特別警報解除 警察、自衛隊の救助続く

 活発な梅雨前線による西日本を中心とした豪雨の被害は7日も拡大し、各地で新たな犠牲者が見つかった。5日以降の共同通信の各府県まとめでは、広島23人、愛媛18人、岡山3人、山口3人、滋賀、大阪、兵庫、福岡で各1人が死亡、死者は計51人となった。心肺停止状態の人も相次ぎ、安否不明者は約50人。全国の警察や自衛隊の救助や捜索が続いているが、被害拡大の恐れがある。

 気象庁はこれまでに岐阜、京都、兵庫、鳥取、岡山、広島、福岡、佐賀、長崎の9府県に特別警報を出して土砂災害への警戒を呼び掛けた。岐阜以外の特別警報は7日、解除された。

 各地で土砂崩れが多発。広島県では三原市の2カ所の現場で男女計3人、広島市安佐北区で3人、竹原市で60代女性と70代の男女がそれぞれ死亡した。東広島市では1人が犠牲になった。福山市では女児(3)が水に流され安否不明になり、県警と消防が捜索を続けた。

 愛媛県では、今治市の離島、伯方島と大島で計2人が死亡。松山市沖の離島、怒和島で小学生の女児2人と30代の母親が亡くなった。西予市では道路が冠水し、車に乗ったまま流されるなどして男女5人が死亡した。

 山口県でも、周南市で住宅の下敷きになった住人の60代女性が死亡。岩国市では、生き埋めになった70代女性と市内の別の場所で連絡が取れなかった80代男性が死亡した。

 九州では、福岡県筑紫野市で濁流にのまれた女性(68)が死亡した。

 河川の氾濫で孤立する住民も。岡山県倉敷市真備町川辺の「まび記念病院」が付近の川の氾濫で浸水、患者や職員ら約160人が取り残された。

 警察庁は、広島、岡山両県に全国の警察から計300人以上を派遣。土砂崩れで住宅2棟が倒壊し、住人3人が行方不明になった京都府綾部市では、自衛隊員ら約120人が捜索を続けた。

 厚生労働省によると、午後1時半現在、広島で約7万戸が断水した。

 7日始発から運転を見合わせていた山陽新幹線は午後7時ごろ、全線で運転を再開した。

[ 2018年7月8日 06:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月19日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス