PR:

事件から2年 点滴連続中毒死 元看護士31歳の女逮捕 

点滴連続中毒死事件で、旧大口病院の看護師だった久保木愛弓容疑者が逮捕された神奈川県警本部
Photo By 共同

 横浜市神奈川区の大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、神奈川県警は7日、当時病院に勤務していた看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)を殺人容疑で逮捕した。容疑を大筋で認めている。「20人ぐらいに消毒薬を点滴に入れた」とも話しており、県警は事件の全容解明を進める。

 入院患者が相次ぎ亡くなった不気味な事件。発生から1年10カ月で重大局面を迎えた。

 逮捕容疑は16年9月18日午後、大口病院4階の部屋に入院していた横浜市青葉区の無職西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=の点滴に消毒液を混入させ、殺害した疑い。久保木容疑者は「間違いありません。申し訳ないことをしてしまった」と話している。

 西川さんが亡くなった2日後には同室に入院していた横浜市港北区の無職八巻信雄さん=同(88)=も死亡した。県警は2人を連続して殺害した疑いがあるとみて捜査する。

 県警によると、八巻さんの死亡後に詳しく調べた結果、点滴の残りや遺体から、4階ナースステーションで使われていた消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出された。いったん病死と診断された西川さんの体内からも同じ成分が検出された。

 県警は同9月23日に神奈川署に特別捜査本部を設置し、殺人容疑で捜査を開始。久保木容疑者は同年10月、取材に対し「(点滴へ異物混入は)していません」と関与を否定。病院勤務者として「ショック。患者さん、ご家族に申し訳ない」と答えていた。

 特捜本部は当初から医療器具の扱いに慣れ、院内事情に詳しい人物が関与した疑いが強いとみていた。しかし、院内に防犯カメラがなく、点滴袋が無施錠で保管されたナースステーションが無人になることもあったことなどから捜査は難航。県警は当時の勤務状況や複数の関係者の話を積み重ね、6月末から久保木容疑者の任意聴取を続けていた。

 久保木容疑者は「20人ぐらいに消毒液を入れた」と話しているが、特定の患者を狙ったのか、無差別的だったかなど謎も残る。病死と判断されていた別の2人からも消毒液に含まれる界面活性剤の成分が検出されていたことが新たに判明し、検出は計4人となった。同院では終末期医療患者が多いこともあり、16年7月から9月20日までの間に48人が亡くなっていた。県警は全容解明に意欲を示している。

 ○…久保木容疑者の母親によると、高校卒業後、看護学校へ進学し、別の病院で勤務。大口病院では男性患者2人の中毒死が判明した16年9月の1年以上前から働き「おじいちゃん、おばあちゃんが可愛い」と母親に話すこともあった。事件の約半年前から院内で異変が起き始めた。4月にナースステーションで複数の看護師のエプロンが切り裂かれ、6月には患者1人のカルテの一部がなくなった。看護師がペットボトル飲料に「漂白剤のような味」を感じて吐き出したのは8月だった。久保木容疑者は「夜勤が怖い」「辞めたい」などと母親に漏らしていたという。

 <界面活性剤の致死量 明確なテータなく難航>捜査関係者が「部外者がナースステーションに入って混入するとは状況的に考えづらい」と指摘するなど、当初から病院関係者の関与が疑われてきた。捜査の進展に2年近い年月を要したのはなぜか。犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は「傷害致死容疑でなく、殺人容疑として立証するのが難しかったのだろう」と推測する。遺体から検出された界面活性剤の致死量に関する明確なデータはない。小川氏は「仮に点滴袋に混入したと分かっても、どれくらいの量で死に至るか明確でない以上、殺意があったか判断するのは難しい」と指摘した。他の入院患者の点滴に混入した可能性も考慮しつつ「例えば、(他の患者の様子を見ながら)薬剤の量を少しずつ調整していったなどの事実があれば、立証できるかもしれない。多くの捜査を要したのだろう」と話した。

[ 2018年7月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月17日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス