PR:

ホリエモンロケット6秒で爆発、炎上、出資CFの3千万円パ〜

打ち上げられたMOMO2号機(左から)直後に落下し爆発した(インターステラテクノロジス提供)
Photo By 共同

 元ライブドア社長の堀江貴文氏(45)らが設立した宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が30日午前5時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を北海道大樹町の実験場から打ち上げたが落下して爆発、炎上した。ケガ人はいなかった。

 同機は発射後1秒でメインエンジンの圧力が低下、いったん回復したが4秒後に再び低下して落下。発射から6秒で爆発した。宇宙空間とされる高度100キロ以上への到達を目指していたが、昨年7月の1号機に続いての失敗。民間による宇宙開発の難しさが浮き彫りになった。

 稲川貴大社長とともに堀江氏も会見に同席。「これまでになかった失敗。次の3号機を打ち上げるためにバックアップ態勢を強化したい」と語った。次の打ち上げについて稲川氏は何も決まっていないとしながらも「気持ちの面ではチャレンジを続けたい」と述べた。

 2号機は全長約10メートル、直径50センチ、重さ約1トン。1号機は約70秒後に通信が途絶え、上空で壊れたとみられたため、機体の強度を高めるなどの改良をした。2号機は当初、4月末に発射予定だったが、直前に窒素ガスが漏れる不具合があり延期していた。

 打ち上げ費用は、クラウドファンディングで約900人から募った約2840万円を含む数千万円。これは、超小型衛星のビジネス化を目指して競争を続ける国内外の民間ライバル会社と比べても破格の安さ。多くは億単位での実現を目指している。ただ開発は難航し、撤退する企業も増えている。

 歯にきぬ着せぬ発言でネット上の“炎上”を何度も経験している堀江氏だけに、ツイッターなどでは「また炎上していると思ったらロケットか」との突っ込みも。だが、そこは「炎上は自分の養分」が信条の堀江氏。「ベンチャー事業が軌道に乗るまではデスバレー(死の谷)があるとされ、多くの先人が越えられずに来た。それを何とか越えたい」と次の挑戦に意欲を見せた。

 ◇クラウドファンディング 個人や企業がインターネットサイトを通じて「こんなサービスを実現したい」と構想を披露し賛同者から資金を集める方法。群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)を組み合わせた造語。日本では2011年の被災地復興事業で利用されたことを契機に広がった。見返りにモノ・サービスが送られる「購入型」や利回りを得る「融資型」などがある。

 ≪主な打ち上げ失敗≫

 ▼1973年6月26日 ソ連の衛星打ち上げロケット「コスモス3M」が発射場で爆発。技術者9人死亡

 ▼86・1・28 米国のスペースシャトル・チャレンジャー号が発射73秒後に空中分解。乗員7人死亡

 ▼99・11・15 種子島宇宙センター(鹿児島県)から発射の国産ロケット「H2」8号機が、エンジン破損で推力失う。爆破させ、海上に落下

 ▼17・7・30 インターステラテクノロジズの小型ロケットが発射70秒後、通信が途絶えたためエンジンを停止させる。海上に落下

[ 2018年7月1日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月17日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス