PR:

はれのひ、元社長を逮捕 架空計上、融資金詐取疑い

 成人の日を前に営業を突然取りやめた振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市、破産)が売上高を粉飾した決算書類で銀行から融資を受けたとして、神奈川県警は23日、詐欺の疑いで、同社社長だった篠崎洋一郎容疑者(55)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 篠崎容疑者は23日午後、滞在先の米国から成田空港に帰国した。県警は車で横浜市の県警本部に同行し、取り調べを進めていた。



 はれのひは1月8日の成人の日の直前に店舗を閉鎖し、横浜市や東京都八王子市で晴れ着を着られなくなった新成人が相次いだ。県警は、混乱を引き起こした破綻に至る経緯について調べる。

 捜査関係者によると、2015年9月期の決算書で約4800万円の売上高を架空計上し、銀行から融資金をだまし取った疑いが持たれている。

 横浜地裁が破産手続き開始を決定した1月26日の記者会見で、篠崎容疑者は融資を受けるために決算書類を偽ったことはないかと問われ「ありません」と答えていた。はれのひの負債総額は約10億8500万円に上るとみられる。

 破産管財人によると、会社に資産がなく、晴れ着トラブルに遭った被害者への代金の返還はできないという。

[ 2018年6月23日 21:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月23日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス