PR:

東京五輪、祝日移動で渋滞緩和 20年の開会式前後4連休、閉会式3連休

 2020年東京五輪の開閉会式に合わせ、同年に限り祝日を移動する改正五輪特別措置法が13日、参院本会議で可決、成立した。開幕日の7月24日と前日の同23日、閉会式翌日の8月10日の3日間を休日とし、都内の渋滞を緩和し、輸送や警備の円滑化を目指す。

 7月23日には「海の日」(7月第3月曜日)を、同24日には「体育の日」(10月第2月曜)を、8月10日には「山の日」(8月11日)をそれぞれ移す。これにより土曜、日曜日を含めると開会式前後は4連休、閉会式前後は3連休となる。

 東京五輪では都市交通への深刻な影響が懸念されている。中でも開会式前日と閉会式翌日は、各国要人らの出入国ラッシュで渋滞がピークになると予想されていた。他の日も対策を講じなければ、首都高速道路の渋滞が約2倍に悪化するとの予測もある。

 祝日の移動について、ネット上では「五輪の日に休める」と歓迎の意見がある一方で「10月の祝日がなくなる」「地方には関係ない」など戸惑いの声も上がっている。

[ 2018年6月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月22日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス