PR:

ハワイ島南部に新たな2つの亀裂発生 “溶岩包囲網”で40軒の民家が孤立

新たに2つの亀裂が見つかったハワイ島のレイラニ・エステート地区(AP)
Photo By AP

 キラウエア火山の噴火に伴うハワイ島南東部の被害がさらに拡大。溶岩と煙が噴き出る亀裂は19日現在で2つ増えて22を数えた。このうちの1つから流れ出る溶岩はハイウェー137号線に迫っており、当局では道路を閉鎖。周辺住民には避難勧告を出した。

 流れ出る溶岩は1時間に274メートルの速度で動いており、海まで2・4キロまで接近。溶岩に囲まれて40軒の民家が孤立する事態にもなっており、この日は4人がヘリコプターで救助された。

 亀裂から立ち上る噴煙も高さ100メートルに上昇。すでに2000人が避難しているが、キラウエア火山本体の噴火とともに地下を流れている溶岩の動きにも目が離せない状況となった。

[ 2018年5月20日 13:59 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:08月14日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス