寛仁親王妃・信子さま バラとガーデニングショウ開会式に臨席

[ 2018年5月18日 05:30 ]

会場を内覧される寛仁親王妃信子殿下
Photo By スポニチ

 「第20回 国際バラとガーデニングショウ」(主催スポーツニッポン新聞社他、18日から23日まで開催)の開会式と内覧会が17日、同ショウ名誉総裁・寛仁親王妃信子さま臨席の下、埼玉県所沢市のメットライフドームで行われた。

 式には花絵師団体国際連盟会長のヴィセンタ・パラーレ・カステッロ氏が登壇し「私たちの花絵が、訪れる方々にも満足いただき、美、文化、そして民族間の共存を促進する未来をつなぐ花言葉となることを願っています」とあいさつした。

 内覧会で信子さまは、さまざまな作品を熱心に見て回り「とても素敵な香りですね」などと出品者たちと歓談された。一般来場者たちに手を振ったり、花絵に参加するなどショーを堪能した。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月18日のニュース