PR:

ブラウニーに下剤を混ぜた女性社員解雇 仲の悪い同僚の送別会で混入

 米ミシガン州デトロイト西部のサリーンで、エンジニアリング企業に勤務する47歳の女性(氏名非公表)が解雇された。理由は同僚の送別会で、下剤を混入させたブラウニー(チョコレート・ケーキ)を食べさせようとしたため。地元のアナーバー・ニュース紙が報じているもので、この女性と同僚の仲は悪かった。

 この一件は内部通報によって明らかになり、女性は当初“容疑”を否定。しかし専門家による検査結果を突き付けられて、その後、“犯行”を認めたと報じられている。

 なお下剤入りブラウニーを口にした社員は誰もおらず、目下のところ刑事事件にはなっていない。

[ 2018年5月16日 16:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月23日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス