PR:

水難事故に見せかけて妻殺害 女性問題で離婚協議中の夫を逮捕

 和歌山県白浜町の海水浴場で昨年7月、シュノーケリング中の事故を装い妻を殺害したとして、県警捜査1課は20日までに殺人の疑いで夫の運転手野田孝史容疑者(29)=大阪市天王寺区=を逮捕した。妻には3000万円の生命保険が掛けられており、県警は保険金殺人事件の疑いがあるとみて捜査。同容疑者は調べに対し黙秘している。

 水難事故で愛妻を亡くした悲劇の夫が一転、殺人容疑で逮捕されたのは19日。逮捕容疑は昨年7月18日午後4時50分ごろ、白浜町の臨海浦海水浴場で、妻の志帆さん=当時(28)=を溺れさせ殺害した疑い。

 事件当日、野田容疑者は岩場で志帆さんが溺れたと監視員に助けを求め共に救助。「トイレに行っている間に溺れた」と説明していた。心臓マッサージを受ける妻の足元にしがみつき、泣きながら「志帆!」と叫ぶ姿も目撃されていた。

 だが“事故”には不自然な点が多かった。溺れているのを目撃した人もおらず、志帆さんはスキューバダイビングのライセンスを持っており泳ぎは得意だった。

 捜査関係者によると、野田容疑者が当時「妻が溺れていた」と示した場所は水深2メートルほど。医師の所見では、志帆さんの体内から大量の砂が見つかっており、浅瀬で顔を沈められて砂をのみ込んだ可能性がある。県警は事件の発覚を恐れ、虚偽の説明をしたとみている。

 志帆さんには生命保険が掛けられていた。志帆さんが殺害される数カ月前までに、互いを受取人にした複数の生命保険に加入。海に行こうと誘ったのは野田容疑者で、県警が押収したスマートフォンには事件前の検索履歴に「水死」「見せかけて」などの単語が残っていた。

 受給の手続きはしておらず、保険金は支払われていない。捜査関係者によると、2人は15年ごろに結婚したが、事件前は離婚協議中だった。志帆さんは夫の女性関係や金銭トラブルなどを周囲に相談していたという。

[ 2018年4月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:05月26日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス