PR:

セクハラ?福田次官「お店の女性と言葉遊びを楽しむことも」

 財務省の福田淳一事務次官は16日、「週刊新潮」が報じた女性記者へのセクハラ疑惑を否定、次官続投にも意欲を示し、新潮側と全面的に争う姿勢を見せた。同省の聴取に「お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある」とし「女性記者にセクハラ発言をした認識はない」と主張した。調査を進める財務省は、女性記者らの話を聞く必要があるとして、報道各社に異例の協力要請を行った。

 セクハラ疑惑浮上後、報道陣の取材に無言を貫いていた福田氏の主張が明らかになった。財務省による聞き取り調査の形で、文書による事実上のコメントを出した。

 今月12日発売の「週刊新潮」が、福田氏が複数の女性記者と会食した際に「おっぱい触っていい?」「手縛っていい?」などセクハラ発言をしていたと報道。13日には同誌のニュースサイト「デイリー新潮」が福田氏の発言とする音声データを公開した。疑惑を受け、福田氏の部下にあたる矢野康治官房長が聴取を行った。

 福田氏は週刊誌報道について「私は女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない」と否定。音声データにも「そのような(にぎやかな)店で女性記者と会食した覚えもない。相手が女性記者なのかも全く分からない」と主張した。一方で「お恥ずかしい話だが、女性が接客をする店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむことはある」としながらも「女性記者に対して、セクハラに該当する発言をした認識はない」と強調した。

 福田氏は「週刊誌報道は事実と異なる」として、名誉毀損(きそん)で新潮社を提訴する準備を進めているという。一方で「報道が出たこと自体が不徳のいたすところ」と謝罪し「反省の上で緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい」と、続投への意欲を示した。

 「事実ならアウト」としていた麻生太郎財務相はこの日「この種の話は双方の言い分が分からないと」と指摘し「事実ならかばうつもりはない」とも語った。

 福田氏の官僚らしからぬ自由奔放な物言いや酒好きの一面はよく知られている。今回セクハラの現場と報じられたのも、森友学園を巡る文書改ざんで財務省が大揺れとなっていたさなかの酒席。

 与党からも辞任論が噴出しており、事態は収束しそうにない。

 《事務方7万人の長 福田氏同期に佐川、片山氏》財務省には、本省と外局である国税庁を合わせて計約7万人の職員がおり、財務事務次官は本省事務方のトップ。福田氏は東大法学部卒業後、1982年に大蔵省(当時)に入省。主計局などの要職を歴任し官房長、主計局長を経て昨年7月に事務次官に就いた。同期には、森友問題発覚時の理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官、その前任で国有地売却交渉時の理財局長だった迫田英典氏のほか、自民党の片山さつき参院議員がいる。

 ▼週刊新潮編集部 記事は全て事実に基づいたものです。財務省が本日公表した文書に対する週刊新潮の見解は、19日発売の次号に掲載いたします。

[ 2018年4月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:11月22日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス