PR:

【イマドキの気になる現場】売り上げ3倍、空港ガチャ!!

成田空港第2ターミナルビル地下1階の「空港ガチャ」で「東海道フィギュアみやげ」を買ったアンソニーさん。狙いは「エヴァ」
Photo By スポニチ

 インターネットに情報があふれる時代でも“行って・見て・触れて”やっと分かることがある。誰もが知っていなくても、熱狂的な一部の人でにぎわう場所もある。そんなスポットを訪ねる「イマドキの気になる現場」がスタート。第1回はカプセル玩具販売機がズラリと並ぶ空港の一角。「空港ガチャ」と呼ばれ、訪日外国人の“最後の観光名所”となっていた。

 成田空港第2ターミナルビル地下1階に、白いカプセル玩具販売機162台が立ち並ぶ場所がある。大人の胸ほどの高さの販売機は、上下に2つのボックスを重ねた形で、小さな人形や動物、機械のミニチュアなど述べ324商品がひしめいている。米ラスベガスの空港にはスロットマシンが並び、旅行者は余った小銭で運試しして帰国するというが、それを思い出した。

 肌の色、目の色、体の大きさの違うさまざまな国の人が、大きなキャリーバッグを転がして通り掛かる。多くは日本での観光を終え、それぞれの国へ帰る人たちだろう。目を留め、足を止め、販売機のハンドルを回す。

 看板には日本語で「あまった小銭をオモチャに!」「なぜか日本で売れてます。」とのコピー文。その下に英語や中国語、アラビア語など10カ国語の文、販売機の使い方が書かれていた。料金は全て200円。

 硬貨を入れ、ハンドルを回せばカプセルが出る。どんな玩具が入っているかは運次第。日本人なら誰もが知る仕組みは、世界的には常識ではない。硬貨を入れたもののどうして良いか分からず、販売機を揺らし、叩く人もいるそうだ。

 タイから家族旅行で来たジョーさん(39)は「妻がここを見つけ、面白そうだから立ち寄った」と、ベビーカーに乗る娘が指さしたディズニーのミニチュア家具シリーズのハンドルを回した。手のひらに計2000円ほどの硬貨を握りしめ「持ち帰っても両替が面倒だから」と笑顔。目当ての品を入手できたか聞くと「ギャンブルみたいなものと思えばいい」と苦笑いした。

 見回せば周囲に多くの旅行者が疲れた表情で座っていた。出発時刻まで随分時間があるのだろう。時折立ち上がり、ガチャを見回る人もいた。

 「東海道フィギュアみやげ」にトライしたのは、米カリフォルニア州のアンソニーさん(34)。狙いは富士山や小田原城のミニチュアかと思いきや「エヴァ」。販売機には「新世紀エヴァンゲリオン」の巨大人型兵器が箱根に立つミニジオラマの写真があった。ドラマ「孤独のグルメ」グッズを3個も購入。「欲しいものだといいな」と開けずにカバンに詰め込み、出発ロビーに向かった。

 実は“フジヤマ・ゲイシャ・ニンジャ”のような伝統文化がモチーフの、いかにも日本土産的なものは人気薄という。成田の人気商品の一つが「シャクレルプラネット」。顎をしゃくれさせた動物フィギュアで、タカラトミーアーツのカプセル玩具担当・森川修さん(36)によると「当初は外国人にウケそうなモノを置きましたが、今の日本ではやる“クールジャパン”的なモノの方が気になるようです」とのことだ。

 空港ガチャは同社と広告制作の電通テックなど複数の企業によるプロジェクト。森川さんによると、成田では2016年7月に始まり「今も販売機1台あたり、通常の売り場の約3倍の売り上げがある」と人気は落ちない。成田だけで計3カ所あり、商品は2〜3日に一度補充されるが、それでも「3カ所回って最初の場所に戻れば、もうカラの販売機がある」そうだ。

 設置から2年。成田で“ガチャ売り場の外国人”は見慣れた風景になりつつある。衰えぬ人気の秘密は何か?成田空港の利用者は年間約2800万人。1日あたり7万人以上が訪れる計算だ。しかも、その大半が日本のカプセル玩具を初めて見る旅行者。毎日、新しい出合いが数万回単位で繰り返されている。

 24時間営業でもあり、まさに理想のガチャ置き場。今まで空港になかったのが不思議に思えるほどだ。だがカプセル玩具の世間一般の評価は、ほんの十数年前まで“子供向けの簡単な玩具”。公共の場に設置する発想自体なかった。それが今やモチーフも多様化し、日本の精巧なモノ作りを象徴する一大ジャンル。森川さんは人気爆発の下地があった上で「“余った小銭を”というコピーが、いいメッセージになった」と分析している。

 帰国前に余った日本の小銭を使い、クールジャパンに出合い、ちょっとした暇つぶしにもなる気の利いたスポット。空港ガチャは、今日も“最後の観光スポット”として旅行者をお見送りしている。

 《旭川、福岡にも!!全国11カ所》空港ガチャは成田の後も、各地で誕生。羽田や関空のほか旭川や福岡にもあり、今月12日にはセントレア、同13日には熊本にもオープンした。近く鹿児島や大分でも開設予定で、計11カ所となる。ちなみに、「ガチャ」はタカラトミーアーツのカプセル玩具。エポック社は「カプセルコレクション」、バンダイは「ガシャポン」との名称で展開しているが、空港ガチャでは各社の商品を扱っている。

[ 2018年4月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月19日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス