PR:

23歳女性巡査、暴力団組員と交際 捜査情報漏えい 停職処分→退職

 暴力団組員と交際し捜査情報を漏らしたとして警視庁は19日、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで、新宿署留置管理課の女性巡査(23)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にした。巡査は同日付で依願退職した。

 警視庁によると昨年12月中旬、巡査は新宿署内で携帯電話を使い、30代の組員の男が捜査対象となっている事件の罪名や捜査の進捗(しんちょく)状況を漏らした。「交際が発覚すれば警察官を続けられず、情報を教えれば黙ってくれるのではないかと思った」と供述している。

 巡査と組員は同署組織犯罪対策課に勤務していた昨年、顔を合わせていた。10月下旬、仕事で組員に公用の携帯電話から連絡。同11月から何度もデートに誘われ、同月下旬に初めて食事し交際を始めた。昨年12月に組員から尋ねられ、同署で捜査していた暴力団関係者同士による路上トラブルに組員が関与した疑いが持たれていることを伝えた。今年1月に組員から金を無心されるようになり、別れたという。

 警視庁は19日、監督を怠ったとして新宿署組織犯罪対策課長ら4人を所属長注意などとした。土屋暁胤警務部参事官は「警察の信頼を失墜させる行為。再発防止に努める」とコメントした。

[ 2018年3月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:11月15日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス