PR:

オウム死刑囚、執行準備か 13人中7人を移送

 法務省は14日、オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した死刑囚13人中7人を東京拘置所から名古屋、大阪、広島、福岡の拘置所と仙台拘置支所に移送した。

 松本智津夫死刑囚(63)=教祖名麻原彰晃=ら13人は全員東京拘置所に収容されていた。関係者によると7人は中川智正(55)、新実智光(54)、林(現姓小池)泰男(60)、早川紀代秀(68)、井上嘉浩(48)、横山真人(54)、岡崎(現姓宮前)一明(57)の各死刑囚。

 同一事件では通常、同じ日に死刑を執行するため、刑務官の負担などを考慮して分散収容することも考えられる。今回の移送について法務省幹部は「裁判確定で、証人として東京地裁に出廷する必要がなくなったほか、1カ所での収容はテロや奪還に対するリスクが高いため」としている。

[ 2018年3月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月16日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス