PR:

食中毒で5人死亡…「焼肉酒家えびす」運営会社に賠償令

 2011年にユッケなどを食べた5人が死亡した「焼肉酒家えびす」の生肉集団食中毒事件の遺族らが、運営会社「フーズ・フォーラス」(東京、特別清算中)と元社長らに約2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁は13日、衛生管理を怠ったとしてフーズ社に約1億6900万円の支払いを命じた。元社長らへの請求は棄却した。

 原告側は元社長について、当時の国の衛生基準に沿って生肉の表面を削り取る「トリミング」をしなかった過失があると主張。鈴木尚久裁判長は「基準は努力目標にすぎず、周知も十分でなかった」と指摘し、重大な過失はないと判断した。

[ 2018年3月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:06月23日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス