PR:

経済同友会も批判「立法府が行政府にばかにされたようなもの」

森友学園文書改ざん問題

 経済同友会の小林喜光代表幹事は13日の記者会見で、麻生財務相の監督責任は免れないとの認識を示した。

 「民主主義にとって重大な問題だ。監督責任は明確にある」と述べた。麻生氏の進退については「美学の問題だが、法律違反をしていない限りは辞める必要はないかもしれない」と語った。

 財務省が国会に改ざんした文書を示し続けていた行為を「立法府が行政府にばかにされたようなものだ」と述べ、徹底的な事実解明が必要だと訴えた。

[ 2018年3月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:06月22日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス