PR:

台湾で地震、4人死亡 M6・4、邦人9人負傷 140人超と連絡取れず

7日、台湾東部、花蓮市で、壊れた建物を見る人々(AP)
Photo By AP

 6日午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ、台湾東部、花蓮県で強い地震が発生した。米地質調査所(USGS)によると、震源は同県花蓮市の北約22キロで、地震の規模はマグニチュード(M)6・4。震源の深さは10・6キロ。台湾政府によると、4人が死亡し225人が負傷した。145人と連絡が取れていない。台湾の外交部(外務省)によると、日本人9人が負傷した。日本政府によると、2人は命に別条はない。

 現地当局によると、損壊した4棟の建物のうち2棟で取り残されている人がおり、救助活動を続けている。台湾メディアによると、花蓮市内のホテル「統帥大飯店」の1階部分がつぶれて建物が傾いた。泊まっていた日本人観光客約30人が避難。台湾政府によると宿泊客ら計130人が救出された。

 旅行業者によると、同ホテルは12階建てで270室ある。

 旅行会社「クラブツーリズム」(東京)によると、同社のツアー客約40人が6日に花蓮に滞在していた。全員の安全を確認したとしている。

 道路には各地で亀裂が入り、2カ所の橋も被害を受けた。ガス管の損壊なども報告され、4万戸が断水し、約1800戸が停電した。

 蔡英文総統は軍などに全力で救助に当たるよう指示。行政院(内閣)は災害応急センターを始動させ、花蓮県にも開設した。

 台湾政府によると、死亡したのは統帥大飯店にいた60歳の女性と花蓮市内の自宅にいた66歳の男性。

 台湾の原子力委員会は、原発などは全て正常だと発表した。

 花蓮につながる幹線道は落石の危険のため一時封鎖された。花蓮市では7日、職場は休業、学校は休校となった。

 花蓮市付近では4日から地震が90回以上観測されていた。余震も続いている。(共同)

[ 2018年2月7日 13:23 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:02月19日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス