PR:

YES!高須院長「昭和天皇独白録」を3090万円で落札

 昭和天皇が太平洋戦争などに関する出来事を戦後に回想した「昭和天皇独白録」について、側近が記録した原本とされる文書が6日、ニューヨークで競売に掛けられ、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が手数料と合わせ27万5000ドル(約3090万円)で落札した。高須氏はスポニチ本紙の取材に「落札できた時は“YES!やったぜ!”と叫んだ」と、同社のキャッチフレーズが思わず出たことを明かした。

 皇室に提供する意向を持つが、法律で皇族は多額の財産を譲り受けるには国会の議決が必要。そのため宮内庁に寄贈を考えており「昭和天皇のDNAと考え方を引き継いでいただきたい。悠仁さまが自由にご覧になられる場所に保管されれば」と語った。独白録は、昭和天皇が1946年春に張作霖(ちょうさくりん)爆殺事件から終戦に至るまでの経緯を側近に語った昭和史の第一級資料。「外国人の手に渡っては悲しい。銀行口座に預金がなくなるまで(入札を)止めるつもりはなかった」と話した。

 ≪皇室へ提供意向もハードル高く≫高須氏が独白録を提供する意向を持っていることについて、宮内庁は「まだ何のアプローチもない」としている。同庁によると、一般的に皇室は個人からの献上を受け付けていない。また、皇族は国会の議決を必要としない譲受の限度額が年度で決まっている。皇室経済施行法では、天皇皇后両陛下と皇太子ご一家の内廷皇族は600万円、その他の皇族は160万円。成年に達していない皇族はいずれの場合でも35万円としている。高須氏の場合は落札額が公表されているため、皇室提供のハードルは高いとみられる。高須氏は本紙に「皇室とゆかりの深い日本赤十字社などへも相談している。歴史的資料なのでどういう形でも差し上げたい」と話した。

[ 2017年12月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:02月18日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス