【コラム】山内雄司

現状を招いた責任論を別とすれば、まだハリルジャパンには可能性

[ 2016年10月14日 15:00 ]

試合中に猛抗議ずる場面が何度も見られたハリルホジッチ監督
Photo By 共同

 イラクを相手に“奇跡”の勝利を収めた日本代表。人垣をかいくぐってネットに突き刺さった山口の一撃は、おそらく今後のワールドカップ予選の回顧映像でも繰り返し使用されることだろう。しかしながら、なんとも悲しい事態ではある。本大会での決勝トーナメントを目指すはずのチームは、最終予選3戦目にして早くも“奇跡”に頼ってしまった。これからはさらに厳しい戦いを覚悟する必要がある。覚悟するうえでしっかりと、改めて強く認識しなければならないのは、「とはいえ、アジアでは負けないだろう」といった、いまや根拠なき楽観論や幻想に惑わされないことだ。日本は決して弱くはない。ただ、決して強くもない。そう認識しなければ、いくつ奇跡があっても足りなくなる。

 オーストラリア戦のドローは妙な言い回しだが、奇跡に頼ることなくアウェーで勝ち点1を得たという点を、まず評価したい。本田をワントップに置いたのは苦肉の策のように受け取られもしがちだが、好調の原口やウラを取れる小林や浅野を活かすうえで有効である。オーストラリアの圧力を想定しながら、まずは後方を固め、カウンターに勝機を見出すのは、『自分たちのサッカー』への盲信から脱却する面でも、現状の日本代表にとって必要なことでもあろう。

 開始早々の先制点は、まさに狙い通り。原口がカットから長い距離を走り、本田との絶妙の交換から決めた。本田、原口の双方の持ち味が、周囲の意思統一とともに結実した見事なゴールと言える。

 想定外だったのは、失点後もオーストラリアがさほど圧力をかけてこなかったことか。クロスに至る過程に工夫がなく、日本は余裕を持って対処できたようだ。

 失点には課題が残る。膠着状態で垣間見せるエアポケット。左サイドに展開された際に逆サイドを締め忘れてしまう。原口の対処の問題ではなく、チームとして改善が優先される事項である。

 ハリルホジッチ監督の交代策も少し遅かったようにも思われるが、逆転は許されないなかで難しい選択ではあった。結果として、丸山にピッチを体感させたことも含め、全体としては納得できるものではなかったか。

 海外組が試合に出られていない現状を嘆きながら代わる選手がいない、との指揮官の嘆きは、もっともだ、と頷いてしまいそうにもなるが、選出や起用は監督にしかできない仕事である。それを棚に上げて言い訳にする最近の言動には、精神的にもそうとう追い込まれているのでは、と不安であったが、この勝ち点1で少し落ち着きを取り戻せたのではなかろうか。

 原口の台頭、清武のトップ下や本田のワントップ、槙野のSB起用など、戦いの幅は広がった。ジーコ元監督などでも盛んに叫ばれた固定メンバーによる弊害が、またぞろ議論の的になりつつあったハリルジャパンに、新たな可能性が生まれてきたのは、ケガの巧名であったとしても、光明を見出すことにもなった。

 日本は決して強くも弱くもない。その観点で言えば、オーストラリア戦には今後の厳しい戦いを勝ち抜くうえで、大きな意味を後々もたらしてくれる気配を感じた。「世界」を棚上げせざるを得ない現状を招いた責任論を別とすれば、まだハリルジャパンには可能性がある。

 しかし、それでも楽観視は出来ない。改めて協会の舵取りが重要であることを付け加えておきたい。(山内雄司=スポーツライター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る