【コラム】山内雄司

胸を撫で下ろす一戦 未来へ向けた新たなトライを

[ 2015年9月10日 05:30 ]

テヘランを後にするハリルホジッチ監督
Photo By スポニチ

W杯アジア2次予選E組 日本6―0アフガニスタン
(9月8日 イラン・テヘラン)
 カンボジア戦では撃ち続けながら3得点のみに終わり、またぞろ『決定機不足』論争に火が点いたが、アフガニスタン戦では6得点を奪って快勝。この結果に関しては、称賛するほどではないが、まず及第点を与えられるものだろう。

 シンガポール戦でまさかのスコアレスドロー。カンボジア戦で好機を逃し続けて大量得点を成し遂げられなかっただけに、この試合で論争に終止符を打たなければチームを取り巻く環境は悪くなる。本田圭佑は試合後、「先制点が重要。その点で真司(香川)は大きな仕事をしてくれた」と語ったが、それがチーム全体の共通認識であることは、香川が迷わずシュートを選択したことからも伺える。香川自身も悔しい想いを払拭するために必要だったトライがゴールに結びついたのだから、精神面でも自信を取り戻す契機にはなっただろう。後半開始から4分後には趨勢を決する3点目をゲットし、その8分後にも山口蛍の動き出しに呼応してDFラインを打ち破るパスを送り込んで4点目をお膳立てするなど、存分に存在感を発揮した。ハリルホジッチ監督によるトップ下ファーストチョイスである香川が本田との共存でそれぞれの能力を最大限に引き出すことなくして、(現時点では)このチームの躍進もない。その点で指揮官も胸を撫で下ろす一戦となったはずだ。

 ただ、こうも言える。

 「まだこの段階で胸を撫で下ろしている場合ではない」

 アフガニスタンは2次予選初戦でシリアに0-6で敗れ、続くカンボジアに勝利したものの1-0というロースコアのチーム。日本との戦いでもカウンターを狙ったのだろうか、ベタ引きというわけでもなく、しかしながらボールのキープ力、奪取力は高くないため日本は優勢を保つことが出来た。個人のスキルでも戦略面でも劣るチームを相手から粛々と勝点3を奪った。それ以上でもそれ以下でもなく、その事実において「称賛するほどではないが及第点」と前述したまでだ。

 ハリルホジッチ監督は試合が決してからも動かなかった。最初のカードを切ったのは後半25分のこと。このときスコアはすでに5-0であった。右SBの酒井宏樹に替えて宇佐美貴史を投入し、定位置である左サイドアタッカーに据えた。そして、同ポジションで持ち味のドリブルによる切り込みで活躍した先発の原口元気をベンチに下げず、酒井の代わりに右SBを務めさせた。「サプライズだった」との本田の言葉を引用するまでもなく、選手にも動揺が走っていた。宇佐美が足を踏み入れたと同時に、長谷部と原口はピッチ上で言葉を交わし、直後は長谷部が右SBに入ろうとする。指揮官への確認で移動が原口だと分かるまで少し時間がかかった様子。CBの森重も果たして3枚にするのか、と困惑の表情を浮かべていた。すでにアフガニスタンに反撃の勢いがなかったために原口もそれほどの守備機会はなかったが、この奇策の意図は今ひとつ読み取れなかった。

 会見でハリルホジッチ監督は「おかしいと思われる交代もしてオフェンシブに働きかけた。原口の右SB起用はもっと得点が欲しかったからだ」とコメントしている。まるで練習もしていない選手も困惑する布陣にしたうえに、上下動の必要なポジションに疲労を感じ始めているはずの選手を当てはめるのは、得点能力という点で逆効果だろう。事実、原口は「最後は体力的に上がれなかった」と語っている。

 その後、31分に武藤嘉紀、35分に遠藤航を出場させるが、これもいかにも遅すぎる。香川の3点目で勝点3は揺るぎないものになった。それでもハリルホジッチ監督はこの試合にとことんまでこだわり、先発メンバーを引っ張った。だが、こだわって引っ張った挙句が奇策ではちょっとばかり腑に落ちない。

 ワールドカップへの道のり、そして本大会を考えれば、チームの底上げ、それも新たな世代の台頭が不可欠である。もっとベンチ組に出場時間を与えるべきではなかったか、というのが率直な感想だ。アジアカップも勝利にこだわり、テストは後回しとなった感がある。カンボジア戦を受けて指揮官は周囲を黙らせるほどの得点が欲しかったのかもしれない。しかし、穿った見方をすれば指揮官自身がまず安心したかったのではないか、とさえ考えてしまう。

 正直、個人的には選手の体脂肪率などどうでもいい。奇策も現段階ではそれほど要らない。無論、“いま”を戦うのはより良い“未来”のためであるのはり、より良い未来のためにはいまの勝利が大切なのも理解している。些か禅問答のようになってしまったが、ハリルホジッチ監督はもう少し腰を据えて、未来へ向けた新たなトライを押し出しても良いのではないかと思う。

 次戦はアウェーにてグループ首位のシリアと対戦する。望むべく大量得点で勝利したアフガニスタン戦を経て、どんな起用法、戦い方を見せてくれるのか。期待している。(山内雄司=スポーツライター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る